トイレ詰まりが頻繁に起こるようになったら

まずは洗浄剤かラバーカップで自己対応

トイレでよく詰まるようになったら、ラバーカップかトイレ専用の洗浄剤を用意した方がいいかもしれません。時間をおいて、そのまま何もせずにトイレットペーパーや汚物の詰まりが緩んで来るのを待つのは面倒ですよね。ラバーカップを排水口に覆うように押し当てて、空気が入らないようにし、ゆったりと押し引きをするようにしてください。強い水流が発生し、詰まりの原因のものが流れやすくなります。トイレ用の洗浄剤を利用する場合は、便器に入れてから所定の時間をおき、流すようにします。洗浄剤の力で詰まりを取りやすくなるでしょう。ただし、シンク用やお風呂用に限定されているものは、働きが弱いか悪影響が出る可能性がありますので、トイレ用と書かれているものを使うように気をつけてくださいね。

トイレ詰まりが常習化したら設備の老朽化かも

トイレの設備を作ってから10数年以上経っていて、詰まりが何度も起こるようになってきたら、排水設備が老朽化して、詰まりやすくなったと考えられます。市販されているワイヤーブラシを使って、排水口から汚水管の方までワイヤーを伸ばして汚れを取るのは大変ですし、ラバーカップよりも強い水流を起こせる高圧洗浄機を使って作業するのは、トイレの形状が限られるため、素人が行うには難しい場合もあります。速やかに専門の業者に見てもらい、修理してもらう方がいい場合があります。

リフォームと修理どちらがいいの?

トイレ詰まりが汚水管の経年劣化によるものでしたら、修理よりもトイレの交換やリフォームを依頼した方がいい場合があります。設備が古ければ、遅かれ早かれ便器自体も古くなり、水漏れ等のトラブルに見舞われることもあります。新しいトイレの方が、節水や節電機能が充実していて、長い目で見ると、水道光熱費を抑えることも可能となります。ただ、設備が老朽化していない場合は、修理のみを依頼し、便器の交換は自分で行うこともできます。専用の工具が必要な場合があったり、水道栓を締めて水が出るのを防止したりと、作業の工程が多くなるので大変ではあります。しかし、最新式のシャワートイレを取り付けできる場合もあります。インターネットで適合する型番を調べられたり、取り付け方を図付きで載せてあったりします。費用面からだけでなく、自分でできそうかどうかよく考えてから行うようにしましょう。できないと思ったら、無理をせず、業者に依頼してください。

トイレ詰まりの場合、日常生活に大きな不便をもたらしますが、専門業者へ依頼することで、突然のトラブルでも迅速に対応してもらうことができます。

Related Posts