ここが原因!!トイレ詰まりを起こす3つの原因箇所

詰まる箇所1:便器の中

トイレで詰まる原因となる箇所はいくつかありますが、直接的に目視できる場所としては便器の中が挙げられます。大変多くのものを便器に入れた場合、押し流す水流の許容量を超えて排水路に流しきれずに詰まってしまうことが稀にあります。また、先にある排水路が元から詰まっていた場合、後から流そうとしたものが便器に貯まってしまい、更なる詰まりを誘発する原因になってしまうこともあるのです。まずトイレがしっかりと流れることを確認しつつ、あまり多くのものを便器に流さないようにしましょう。

詰まる箇所2:便器のせき

便器に流したものは排水路に行く前に、一度「せき」と呼ばれるところまで上ってから排水路の中に下っていきます。これは汚水や臭いの逆流を防ぐための構造なのですが、便器を流す水流が弱いとこのせきを越えるほどの力が生まれずに、せきの手前で水流が止まってそこでトイレットペーパーや汚物などによって詰まりが生じるようになってしまいます。トイレは構造上一定の水量と水流が必要になるため、下手な節水などを行わないようにして、しっかりとした水流を確保できるようにしましょう。

詰まる箇所3:排水路の貯まり

便器から続く排水路には、下水道やタンクに流れ込む前に一度わずかながら水を貯めておく貯まりが設置されています。これは汚物やトイレットペーパーが留まった際に乾いて詰まりとなってしまうことを防ぐために、トイレには必要な構造なのです。しかし、あまりに多くのものを流し過ぎたり、定期的なトイレのメンテナンスを怠ったりすると、ここに汚物やトイレットペーパーが貯まったままになってしまい、詰まりを惹き起こしてしまいます。トイレは日常的な施設ですが、どうしても長期にわたって使用しないことがある場合は、まず最初に水を流してから使うようにしましょう。

水道が使えなくなると生活にも様々な支障が発生するので、早期に問題を見つけて水道修理を依頼することが大事です。

Related Posts