データの転送方法は目的に合わせて選ぶ事!その方法と理由とは?

P2P転送方式が最適な場合の方法と理由

P2P方式と言うのは、一時共有ファイル問題で話題になりました。著作権のあるファイルを共有する事は違法ですがシステム自体は良いシステムですよ。P2P方式は、サーバーを介さないで複数の方がお互いのPC間でデータを共有する時に力を発揮します。例えば、Aさん、Bさん、Cさん、Dさんがいた場合、Aさんが持っているデータを全ての方に渡すにはAさんが全ての方にデータを全員に渡す必要性がありますよね。ただし、Bさんが受け取り始めたデータをバトンタッチの様にCさんに引き渡せば、Cさんは早くデータを受け取る事が可能になります。AさんがBさんにデータを全て渡した後、Aさんのパソコンを切ったとしても、BさんかCさんがDさんにデータを引き渡す事が可能になりますよ。この例えは、一つのデータとしての例えですが、多くの方が持つデータを共有するのに最大限に力を発揮する事が可能です。大学間同士の共同研究などで利用されていますが、利用しているプロバイダーによってはP2P式の転送を禁止している事もあり、注意が必要です。

クラウド型のサーバーを利用して転送

クラウド型のサーバーとは、インターネット上にあるサーバーに対して利用できるサーバーですよ。インターネット上にあるサーバーは沢山ありますが、その違いとは用途が限定されにくく様々な用途に応用が利きやすい利点があります。もちろん、データの保存庫としての利用も可能ですので、データの転送用として利用ができますよ。クラウド型のサーバーは、端末が左右されにくい利点を持ち合わせているため、相手の方にデータを転送して引き渡す場合、気にせずに利用できるメリットがあります。又、複数の方に引き渡す場合も、アップロードを行なったサーバーからダウンロードしてもらう事によって、作業量を減らす事が出来ますよ。

データ転送サービスの利用とは

大容量のデータを転送するサービスがありますよ。システム自体はクラウド型のサーバーと似ていますが、データ転送に特化したサービスであるため、転送が速い可能性があります。数百バイトのデータであれば、それほど違いは現れてきませんが、数ギガバイトなどの転送になれば大きく違いが現れてくる可能性がありますよ。そのため、引き渡す方に対しての時間などの影響に違いが現れてくる可能性があります。データ転送サービスはあくまでも転送であるため、データを引き渡す猶予期間を設けている事がほとんどですよ。データをサーバー上に残しておく必要性が無い場合は、効果を最大限に高める事が可能です。大々容量のデータ転送を頻繁に行う場合は、最適なサービスと言えますね。

大容量ファイルの送信は、通信速度やパソコンの環境によって非常に時間がかかる場合があります。そのため、大容量のファイルを圧縮してから送信すると、時間を短縮させることができます。

Related Posts