太陽光発電の導入を考えている家庭が知っておくべきこと3選

設置のための費用は年々減少傾向にある

太陽光発電というと、どうしても設置費用が高いというのがネックかもしれません。ただ、その費用は年々下がってきているのです。それは安く製造できる技術が高まったこともあれば、以前よりも太陽光発電の製品を作る会社間の競争が激化し、それによって、顧客を獲得しようと安く提供するところが増えたからということも言えます。後に設置した方が、さらに安くなる可能性もあるので、今すぐに設置しないと困るという家庭以外は、もう少し待ってみても良いかもしれません。

消費税が上がると導入価格は上がってしまう

太陽光発電の導入にかかる費用は今後下がっていくと見られていますが、それとは別に消費税が上がる可能性もあります。消費税が上がれば、それだけ価格も上がるので、費用が増してしまうこともあります。製品自体の価格が下がることにより、消費税が上がっても、今より安くなるという可能性もありますが、そうならない可能性もあります。製品自体は安くなる傾向にあっても、どこまで安くなるか?は分かりませんから。もともとの値段が高額なだけに、消費税の数%アップでも結構値段が跳ね上がることを知っておきましょう。

太陽エネルギーの変換効率は上がりつつある

これは太陽の光を電気に変えるときの無駄が少ないということです。同じ量のエネルギーから多くの電気を作ることができるモジュールが生産されてきているので、それによって売電できる量も増えますから、利益につながる割合がどんどん高くなってきているということです。だから、今後はさらにその変換効率が高いモジュールが出てくるかもしれないので、少し待ってみるというのも良いかもしれません。モジュールの性能の良し悪しは、そのまま利益の金額に直結しますから。

太陽光発電の価格とは初期費用のことで、主にシステムの導入にかかる費用と工事費用のことです。国から補助金が出る場合もあります。

Related Posts