大きなチャレンジ!自営業者になるということ

踏み出してみますか?大きな決断

自営業の魅力は、会社勤めではないので、自分のペースで働くことができることです。得意な分野があり、その道で生きていく自信があるならば、一度限りの人生なのだから、大きな挑戦をしてみることも悪くはない選択です。仕事の方向性や顧客を選ぶのも自分自身、軌道に乗れば規模を拡大し、従業員を雇う必要もあるでしょう。年齢をかさねるごとに、経験や実績を積む期間が短くなり不利になってしまうので、始めるなら一歳でも若いうちに始めた方が良いです。

自営業者に求められているもの

営業や経理やお客様へのサービスの提供など、経営全般の会社側が行っていたことをこれからは、すべて自分の責任で行わなければなりません。会社全般の経験と知識が問われるだけでなく、時代を読み取るセンスや、経営していかなければならないから、数字に強くなければいけません。なかでも、サラリーマンでは無縁だった資金調達にも苦労し、一番悩ませることに間違いありません。このことを踏まえ自分にできるのかリスクをよくかんがみて大きな決断に踏み切るようにしましょう。

従業員を雇った時の責務

自営業として始めた商いも、規模が大きくなり法人として人を雇う立場になった経営者が心がけておかなければならないことがあります。会社を経営するということは、自分自身だけ良ければいいわけではありません。経営者として、従業員とその家族を養わなければならず、働く人間と家族の生活を豊かにし、幸せにしなければなりません。そのことを心がけておかなければ、従業員の心は離れます。会社を動かしている原動力は人であるため、従業員を大切にしない会社は長くは続かないでしょう。

フランチャイズで開業をする事によって、多くのメリットがあり、安定した経営をする事が出来るので安全です。

Related Posts