様々な注意が必要です!大容量のデータをメールでやり取りする場合には

メールにはデータを添付する事が出来ます

現在では、メールにデータを添付する事が出来るようになりましたので、メールだけでデータのやり取りをする事が出来るようになりました。しかし、大容量のデータを送受信する際には様々な注意が必要なものですので、しっかりと注意点を押さえてメールでデータのやり取りをしていきたいと考えて下さいね。万が一の時にはデバイスの故障の原因になる可能性もありますので、しっかりと様々な注意点を守ってデータのやり取りをしてください。

大容量のデータの時には

大容量のデータをメールでやり取りする場合には、受信する方のデバイスを考えて下さい。スマホであれば、様々なデータを受信する事が可能ですが、ガラケーの場合には、受信する事が出来るデータサイズの限界や、取り扱う事が出来るファイルの種類も限定されますよ。相手がパソコンの場合にでも、相手のスペックを考えて、ダウンロードが容易な容量、ファイルの種類にしておく事はとても大切です。送信する時には相手の事を考える事が大切ですよ。

ウィルスには注意が必要です

メールでデータをやり取りする時にはウィルスに注意が必要ですよ。パソコン自体がウィルスに感染している場合には、メールを送信した相手にも感染する可能性がありますので、しっかりとセキュリティ面を強化してからメールでデータのやり取りをしていきましょう。また、送信したいファイル自体にウィルスが潜んでいる可能性もありますので、ウィルスチェックをしてから送信をする事はマナーです。相手にウィルスを感染させないようにする事も大切ですね。

メールで添付ファイルをやり取りする際に文章が文字化けしてしまうことがあります。文字化けは機種依存文字や半角カナ文字などの混在が主な原因なので、送信の前に必ず文書を確認することが大切です。

Related Posts