お部屋のカーテンはどれにする?色々な種類があります

一般的なタイプのカーテン

カーテンと言われると、2枚のカーテンがカーテンレールから下がっているタイプのものを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。このタイプのカーテンは一番ポピュラーなので非常に選択肢が豊富です。予算や好みに合わせてベストなカーテンを選ぶことができますよ。遮光カーテンや防火性能のあるカーテンなど機能性に富んだ製品もたくさんあります。また、昼間に外から家の中が見えないようにする薄手のカーテンも販売されています。

ロールスクリーンは光の調節ができます

一般的なタイプのカーテンのほかにロールスクリーンを使うことも考えられます。ロールスクリーンは巻き上げることで部屋に入る光の量を調整できるというメリットがあります。このため、日差しが強く差し込む部屋におすすめです。一般的なタイプのカーテンと比べるとひだがないのでお部屋がすっきりするという効果もあります。ロールスクリーンも様々なタイプのものが販売されていますから、部屋にぴったり合うものを選ぶことが可能ですよ。

布の美しさが楽しめるシェードカーテン

ロールスクリーンとよく似たタイプのカーテンにシェードカーテンというものがあります。こちらはカーテンを巻き上げるのではなく折りたたんで使用します。このため、ロールスクリーンほどしっかりした布地でなくてもカーテンに使用することができます。カーテンのテキスタイルにこだわりたい人におすすめのカーテンです。ロールスクリーンのように適当な位置に布を上げて部屋に入ってくる光の量を調節することもできますよ。おしゃれなテキスタイルを選んでインテリアとして楽しみましょう。

ひもカーテンとは糸状のものが並んでいる状態のものをいいます。良く和室で使われていて自分で作ることも可能です。

Related Posts